の~んびりと・・・

まったりと更新中♪・・・なのか? 久々に小説を書いてます・・・。難しいorz

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっとしたこと。

少し前に購入して、まだ読んでなかった某小説を。

一昨日かな?に、部室で読みました。(時間あったので。

まだ、最後まで読みきれていないのですが。最初らへんの所に

「あぁー、この考え方いいなぁー・・・」と、本気で感想を呟いてしまったところの文面を載せたいと思います。
















これって無断転勤じゃないよね?ww  周りから「更新しろ」ってうるさく言われてるし;;















~とある「人物」の過去。その過去での、ちょっとした会話のシーン~














~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「勉強を?どうして?」
「たくさん勉強して、いろんな経験を積んでおかないと、未来の可能性は減っていくばかりだから」
言葉の意味がわからず△△は首をかしげる。○○は困ったように頭を掻(か)くと、ない知識を絞って、自分なりの考えを伝えようと懸命に言葉を紡いだ。
「『なりたいものがない』ってことは、言い方を変えれば『何になるか分からない』、つまり「何にでもなれる』ってことでしょ? 一つの夢を目指して頑張る人は、努力するほど未来の選択肢が一つに定まっていく。夢を持たない人は、いろんなことを知れば知るほど未来の選択肢が増えていく」
「夢がないから・・・・・・可能性は無限大?」
「そ。夢がないってことは、未来の可能性は無限大なんだよ」
喋りながら○○が楽しそうに笑みを零(こぼ)す。
「夢がある私(=○○)は何をすればいいか分かるから楽。夢のない△△は将来何が役に立つかわからないから大変。だから、いつかやりたいことが見つかったらときに後悔しないよう、たくさん勉強をしておかなきゃいけない。せっかく夢がないんだから――可能性が無限にあるんだから、欲張りに生きなきゃ損でしょ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


















という会話のシーンです。
俺自身、「夢がない」=「ダメなこと」。「夢がある/目標がある」=「よいこと」。ということばかり思ってました。







んでも、この会話のシーンを読んで。









「あぁ・・・。夢がなくても、勉強を頑張ってしてれば、そのうちに将来の夢が定まって・・・。その定まった夢が出来る/出来ないは、今この時間から、その夢が定まるまでの間にどれくらい勉強するか。 ってことなのかぁ・・・」









と、素で感想を呟きましたw




まぁ、この考え方を。自分なりにまとめているだけなので。間違っているかもしれないけどもw





こんな感じですかねぇ。 言いたいことをずらずらっとまとめた(?)だけなんですけど。



では、また次回にお会いしましょうっ!
                           バイニー☆
スポンサーサイト
現実 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ちょっとした小説?

久々の更新でふ

俺のちょっとした友達が、「これ乗せてみてよ!ネタないんだったらねb」ということで。

もちろん?ネタはありませんのでw 公開させていただくとしましょうかね。







感想/指摘 なんでもおっけーだそうでーす






















では、どーぞ?








「そんなっ!ちょっと待ってください!」
暗闇に木霊する少女の声。
だが、その声に反応する人は存在しない。
ただあるとすれば、彼女が叫ぶ前にいた人物の名残が残る程度であった。
「そんな・・・。これから私は、どうすればいいの・・・」
その場に力なく崩れ落ちる。
そこで待ち受けているのは、永遠の暗闇に一人残され、自分の無力を痛感させられるという真実だけだった。



「よっしゃぁ!俺の勝ちぃ!」
「くそぉ・・・また負けたぁ・・・」
そんな他愛もない話をしているのは水原珠樹と月島あやかの二人だ。
二人は、珠樹の家で遊んでる最中で。格闘ゲームで勝負しているところだった。
「ってか、なんでそんなにゲームつよいんだよ!」
今のところ、10戦10敗。
そこまでくれば、どんな人でもいらついてはくるだろう。
「お?負けてイライラしてるのかな?たかがゲームd」
にやにやしながら、あやかに言おうとしていたのだが、あやかがそれを許さなかった。
「このっ・・・変態っ!」
あやかの得意とするストレートが、珠樹の脇腹めがけて伸びていく。
「げふっ」
しかも、見事に入ったらしい。珠樹はにやにやとしていた笑顔から、苦痛の表情へと変わり。部屋でのた打ち回っていた。
「大体!あんたはそんなゲームばっかしてるから、彼女とかできないのよ!」
「うっ・・・うっさ」
言葉を返そうとするが、あやかの怒涛の前には、意味を成さなかった。
「それに!何よ!?このゲームの山は!全部R-18じゃないの!」
「そっ・・・それは・・・」
どんどん返答に力がなくなってくる珠樹。あやかはまだ興奮しているのか、さらに追撃しようとする。
「しかも何!?全部妹系じゃないの!」
そして、気づく。あやか自身も大変な発言をしてしまった。ということに。
珠樹の顔に怒りの形相が見て取れる。
「うわ・・・やば・・・」と心の中で思ってみるも、それは意味のないことだとあやか自身も理解している。
そして、こうなってきたら行き着くところは決まっている。
珠樹の反撃が始まった。
「いい加減にしろ!大体、お前になんでそんなこと言われなきゃいけないんだよ!」
さっきまで散々だったせいか、いつもより激しい口調であやかに反撃の言葉を仕掛ける。
「それに!『絶対見るな!』って書かれてる箱の中身を、何勝手に見てるんだよ!」
「いや・・・それは・・・」
流石に言葉が出ないと悟ったのか、珠樹は一度後退の姿勢を見せる。
そして、後退の姿勢が見えた瞬間。「待ってましたぁ!」といわんばかりにあやかが反撃を開始する。
「あんたに言っとくけどね!」
「ん?」
さっきまでのあやかの空気と違うことに気づいたのか、「とりあえず聞いてみるか」というような感じであやかの相手をする。
「人間誰でも、『絶対見るな!』とか書かれてる箱を見つけたら、余計に見たくなるもんなのよ!!」
 
現実 | コメント:3 | トラックバック:0 |

282822828282(ry

はい。

意味不明なタイトルでごめんなs(ry





まぁ、仕方がないんですよ。

ちょっとした動画を昨日見まして。


本当に2828が止まらなかったわけでして。

自分でも「あ、これはまずい」と思いつつも・・・w

まぁ、分からない人には何をいっても通じないのが。この世界の法則(ぇ




まぁ、こなかがです。 (これで分かる人と分からない人に分かれるんだろうな・・・w



まぁ、このゲームなんですけど。


こな☆かがRPG



ちょっと短いゲームなのですが、とっても2828します。

分かる人には分かりますw


んで、このラストが某アニメのねたをこなかがで再現しているわけでして。

そこらへんにもwktkしながら、見てほしいと思いますw



まぁ、分かる人にしか分からないねたですが。

まぁ、いろんな人に見てほしいですね。

このゲームは本当に(ry


( ´・ω・`)_且~~
にこにこ動画 | コメント:9 | トラックバック:0 |
| HOME |

音楽を聞くにはプラグインが必要です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。